大地に抱かれてヒーリングのこと、自然とのとりくみ、手仕事など、日々のことを綴っていきます。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
はじめました 22:02
0


     春のエネルギーにあとおしをお願いして、ブログを始めることにしました。
    日々のこと、ヒーリングのこと、自然のこと、手仕事のことなど、綴っていきます.
    よろしくお願いします。


    ヒーリングセッションに運びたいこと


     先週、久しぶりに森を歩いてきました。山桜は、満開で、鶯が鳴いていました。また次の日の別の時間に行くと、りすたちが、木から木へと飛びまわり、桜の花がくるくると回りながら落ちてきました。

     この山は、高度成長期の大規模開発の危機に、約30年にわたる市民運動の結果、都市林として保全されることになった場所です。
     約48haの広大な森は、傾斜があり、谷戸があり、湧水が流れる小川、湿地があり、桜や桐の巨木があり、蛍やとんぼがとび、龍神伝説の残る自然豊かなところです。
     人々に愛されているこの場所は、ボランティアの方が、いつも手入れをしてくださっていて、私は、10年くらい前から、この山を歩かせてもらっています。ありがたいことに、車で1、2時間も走らなくても、気軽に自然の中に身を置くことができるのです。行くたびに心身が安らぎ、いろいろなことに気付かされます。呼吸が浅かったな・・とか、空を見上げていなかったな・・空が高いな〜とか。

     湧水のコロコロと流れる音を聞くと、水の命を感じます。水道の水は、本当は生きている水をいただいているのだな〜と気付かされます。ふかふかの地面を歩くと、この土に支えられて立っていることを、思い出すのです。地面に足をつけているのは、当たり前のことなのですが、心の奥深くから、支えられて立っていることへの感謝の気持ちがわいてくるのです。
     そして、大地に根を下ろす桜の木から、やさしい気持ちを感じる時、友情を感じる時、エネルギーの世界をありありと感じるのです。
     今の私が、ヒーリングのセッションに運んでいきたいものは、こういうものなのだと、思っています。
    | - | comments(0) | - | posted by ein1226
    Comment








    << NEW | TOP | OLD>>